【フランス】ボーボワールの恋文譲渡、ボーボワールの恋人だった仏映画監督クロード・ランズマンさん(92)が米大学に

1 :2018/01/21(日) 01:46:15.74 ID:CAP_USER9.net

http://www.afpbb.com/articles/-/3159288?act=all

2018年1月20日 9:00 発信地:フランス
【1月20日 時事通信社】フランスの作家ボーボワール(1908〜86年)の交際相手だった仏映画監督のクロード・ランズマンさん(92)が、ボーボワールから受け取った恋文112通を米国のイェール大学に譲渡した。競売商クリスティーズが19日、AFP通信に明らかにした。譲渡額は不明。

 ボーボワールは仏哲学者サルトルの事実上の妻だったが、サルトルの秘書だったランズマンさんと52年から59年にかけて関係を持った。ランズマンさんは、自身がこれらの手紙を所持したまま死去すれば、フランスの法律の規定で手紙の所有権がボーボワールの親族に移ることになるため、歴史資料として後世に残すことを目的に譲渡したと説明している。

 ランズマンさんは手紙について「狂気のような恋愛で、二人のことだけに集中している」と明かしたが、当面公開する予定はないという。ランズマンさんはナチス・ドイツが行ったホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を題材にした映画「ショア」(85年)などの作品で知られる。(c)時事通信社

47 :2018/01/21(日) 08:27:57.80 ID:LzlBWk8E0.net

>>46
欠陥のない哲学があったら教えてほしい

54 :2018/01/21(日) 09:02:39.58 ID:7pyqKcKL0.net

>>53 哲学を含めて思想は、その時代に制約された流行であって、その域内を出るものではない。
それらはもうデフォとされてるようだが。
そしてそれを明確に唱えたのは、いわゆる哲学畑に含まれる現代思想の人達だね。
だから全くの愚鈍であるわけでもないよ。

60 :2018/01/21(日) 09:33:41.50 ID:LzlBWk8E0.net

哲学は「哲学史」としてデータを知っておけばいいのであって
それ以上のことは何も必要ない

哲学は宗教と同じで信じる者しかだませないから
今のネット社会ではもう使えない

あとはエッセイとして面白いものだけ読めばいい

6 :2018/01/21(日) 02:01:21.85 ID:E7IbMliq0.net

ポール・ボキューズ氏の訃報と間違えた…

15 :2018/01/21(日) 02:40:09.65 ID:a6hsZjs70.net

ああ団塊老人のアイドルか

27 :2018/01/21(日) 05:12:36.41 ID:VgjvyVZW0.net

しかし、著名人も大変だなあ
いくら歴史的資料とは言え、
死後恋文晒されたりさあ・・・

34 :2018/01/21(日) 07:34:12.97 ID:PbQzOLWW0.net

>>32
山尾と一緒にしてほしくない。
山尾は文学作品を産み出せない。

70 :2018/01/21(日) 23:45:21.49 ID:dJ2Ku1iT0.net

>>63
ドグラ・マグラの正木博士も似たようなことを言っていたな…

62 :2018/01/21(日) 09:52:15.84 ID:f1phoLjY0.net

>>61
ちんぽが何の為に存在してるのかをずっと考えて来たけど、未だに頭の中で整理できない

36 :2018/01/21(日) 07:56:39.41 ID:LzlBWk8E0.net

「知の欺瞞」以来哲学を信じる気はなくなった

今の人は哲学や社会学や経済学や心理学にごまかされなくなったのでいいことだ
文系学問なんて「ケースバイケース」が答えだもんなあ

コメントする