【長野】野尻湖「狩猟解体場」の証拠か 化石5点が一つに

1 :2018/03/05(月) 20:17:18.08 ID:CAP_USER9.net

上水内郡信濃町野尻湖の第21次発掘調査(2016年)で見つかったヤベオオツノジカの左上腕骨の化石が、1973(昭和48)年と75年に離れた別の場所で見つかった化石と組み合わさり、いずれも同じ骨の一部だったことが4日、野尻湖発掘調査団の調査で分かった。野尻湖一帯にいた人が、狩猟後に動物を解体した「キルサイト」だったことを示す証拠になり得るという。

 長野市内で同日開いた第22次発掘(23日?4月1日)の参加者を対象にした事前学習会で明らかにした。

 同調査団は14年の発掘調査から、野尻湖一帯がキルサイトだった証拠を見つけることを目標に発掘を続けている。16年の発掘で、湖北西に位置する「立(たて)が鼻遺跡」の約4万年前の地層から、ヤベオオツノジカの左上腕骨の化石3点が見つかり、組み合わさった。73年と75年の発掘でも、16年の発掘地点からそれぞれ約15メートル離れた場所で左上腕骨の化石が1点ずつ見つかっており、その後の研究で5点の化石が組み合わさった。

 化石の割れ方などから、骨の1点に強い衝撃が加わって割れた可能性が高いという。野尻湖ナウマンゾウ博物館(信濃町)の渡辺哲也学芸員は「これだけで人がいた証明にはならないが、自然では難しく、人が石をたたきつけて割ったと考えられる」としている。

 23日から始まる第22次発掘には、全国から約160人が参加し、16年の発掘地点に近い場所を発掘する。事前学習会で同博物館の近藤洋一館長は、キルサイトの証拠を集めるために「バラバラに割れた小さな骨が重要になる。傷を付けないように発掘してほしい」と呼び掛けていた。

野尻湖で発掘されたヤベオオツノジカの左上腕骨の化石(レプリカ)。右上が1973年、右下が75年、左の3点が2016年の発掘

一つの骨に。人が石をたたきつけて割った?

3月5日
信毎Web
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20180305/KT180304FTI090011000.php

9 :2018/03/05(月) 20:26:10.69 ID:hwOi/vs60.net

まるで結論ありきのような調査だ。

31 :2018/03/06(火) 09:20:46.05 ID:Bntoybtx0.net

叩き割って、骨の髄までしゃぶったんだな

6 :2018/03/05(月) 20:24:18.63 ID:D74HOojG0.net

これもまた、韓国からの渡来人が授けたのだろうか。

18 :2018/03/05(月) 21:22:20.32 ID:ApNz2cDM0.net

ヤッベ見つかっちゃった

21 :2018/03/05(月) 23:10:31.08 ID:NVhAo4CW0.net

野尻湖は時々サスペンスドラマのロケに使われるな
梅雀が刑事やってるやつ

30 :2018/03/06(火) 09:18:01.52 ID:cLw9WhXl0.net

>>20
なにこの漫画

2 :2018/03/05(月) 20:19:16.75 ID:ee+fNvxR0.net

悠久の歴史

19 :2018/03/05(月) 21:25:55.29 ID:My9v7yDvO.net

なんか結果ありきの香り…

20 :2018/03/05(月) 22:02:53.35 ID:9yRT6+GT0.net

「狩猟解体場」

33 :2018/03/06(火) 13:07:30.65 ID:/u0szKYy0.net

>>32
今おいくつですか?

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.