【東日本大震災から7年】福島の立ち入り制限区域の今

1 :2018/03/10(土) 23:41:06.64 ID:CAP_USER9.net

http://www.afpbb.com/articles/-/3166863?cx_position=27
(リンク先に写真多数あり)

2018年3月10日 14:25 発信地:福島
【3月10日 AFP】明日11日で東日本大震災発生から7年を迎える。福島県では、地震と津波、その後の福島第1原子力発電所の事故による避難者数は、避難指示を受けた人々や自主避難者を含め一時は16万人以上に及んだ。中には帰還した住民もいるが、放射線への懸念から別の地で新たな生活を築いている人々も少なくない。

 福島県双葉町、富岡町、大熊町で現在も立ち入りを制限されている区域を写真に収めた。(c)AFP

41 :2018/03/11(日) 00:58:48.87 ID:49qjlwdQ0.net

36 :2018/03/11(日) 00:43:43.10 ID:1X2/M7Li0.net

埋めちゃえよ
国の負の遺産すぎるわ

21 :2018/03/11(日) 00:00:44.71 ID:gBuDffVw0.net

3月11日の地震と津浪も悲惨だったが翌日以降の原発の被害が酷かった
3月12日15時36分以降の事がなぜ起きたか
ttp://ka☆jipon.sa☆kura.n☆e.jp/kt/column15.html

26 :2018/03/11(日) 00:12:52.09 ID:P3xCudE+0.net

>>20
人体実験じゃないの?
その認識だったわ
じゃなきゃありえないっしょ

59 :2018/03/13(火) 16:27:06.68 ID:Ret4BUsc0.net

えっ?まだ制限区があったの?

2 :2018/03/10(土) 23:42:05.39 ID:jwQKDnA60.net

俳人の長谷川櫂さんは、東日本大震災の直後、湧き上がる真情を俳句ではなく、和歌に
託した。「かかるとき かかる首相を いただきて かかる目に遭ふ 日本の不幸」。
▼歴史に「もしも」は禁句だが、もし民主党政権ではなく、菅直人氏が首相でなかった
ら、という悔悟の念はいまも消えない。20年前のあの日も同じ思いをした。▼平成7
年1月17日午前5時46分、大地震が兵庫県南部を襲い、神戸の中心部は一瞬にして
ガレキと化した。前年、総選挙を経ずして自民党と社会党、さきがけが野合した結果、
村山富市氏が首相の座に就いていたが、首相官邸の初動は、信じられぬほど鈍かった。
▼当日は、社会党内の「反村山」派が、新党を旗揚げする予定だった。被害の甚大さを
物語る情報がぽつぽつと入り始めていた午前8時過ぎでも与党幹部の関心がそちらに向
いていたのを、抄子はよく覚えている。閣議が開かれたのは、午前10時をまわってい
た。▼自衛隊が本格的に出動したのは地震発生から4時間以上もたってからだった。当
時、自衛隊の災害派遣要請は、都道府県知事にしかできなかったという法律の不備もあ
ったが、首相と知事に一刻も早く住民を救おうという気概と実行力が欠けていた。国会
で初動の遅れを追及された村山首相は「なにぶん初めての経験で…」という迷答弁を残
した。東日本大震災直後、菅氏や東京電力が「想定外」という言い逃れを連発したのと、
驚くほど似ている。▼阪神大震災の反省から危機管理の重要性が叫ばれるようになった。
防災対策も大いに向上したはずだったが、3・11で幻想は崩れた。村山、菅の両元首
相には、「震災責任」をもっと感じてもらわないと、亡くなった人々が浮かばれない。

http://www.sankei.com/column/news/150117/clm1501170002-n1.html

2 :2018/03/10(土) 23:42:05.39 ID:jwQKDnA60.net

俳人の長谷川櫂さんは、東日本大震災の直後、湧き上がる真情を俳句ではなく、和歌に
託した。「かかるとき かかる首相を いただきて かかる目に遭ふ 日本の不幸」。
▼歴史に「もしも」は禁句だが、もし民主党政権ではなく、菅直人氏が首相でなかった
ら、という悔悟の念はいまも消えない。20年前のあの日も同じ思いをした。▼平成7
年1月17日午前5時46分、大地震が兵庫県南部を襲い、神戸の中心部は一瞬にして
ガレキと化した。前年、総選挙を経ずして自民党と社会党、さきがけが野合した結果、
村山富市氏が首相の座に就いていたが、首相官邸の初動は、信じられぬほど鈍かった。
▼当日は、社会党内の「反村山」派が、新党を旗揚げする予定だった。被害の甚大さを
物語る情報がぽつぽつと入り始めていた午前8時過ぎでも与党幹部の関心がそちらに向
いていたのを、抄子はよく覚えている。閣議が開かれたのは、午前10時をまわってい
た。▼自衛隊が本格的に出動したのは地震発生から4時間以上もたってからだった。当
時、自衛隊の災害派遣要請は、都道府県知事にしかできなかったという法律の不備もあ
ったが、首相と知事に一刻も早く住民を救おうという気概と実行力が欠けていた。国会
で初動の遅れを追及された村山首相は「なにぶん初めての経験で…」という迷答弁を残
した。東日本大震災直後、菅氏や東京電力が「想定外」という言い逃れを連発したのと、
驚くほど似ている。▼阪神大震災の反省から危機管理の重要性が叫ばれるようになった。
防災対策も大いに向上したはずだったが、3・11で幻想は崩れた。村山、菅の両元首
相には、「震災責任」をもっと感じてもらわないと、亡くなった人々が浮かばれない。

http://www.sankei.com/column/news/150117/clm1501170002-n1.html

50 :2018/03/11(日) 03:06:45.96 ID:Uh2bEVgj0.net

まだ補償貰ってるの?

56 :2018/03/11(日) 08:13:31.87 ID:UvO+w7BZ0.net

ぼく 浪江町でケンタウロスを見つけたよ

34 :2018/03/11(日) 00:40:32.98 ID:TMdaAGz+0.net

福島県民「1000年経とうが原発被害者という立場は変わらない」

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.